home > モテ > モテない男性の決定版!モテない男性の性格と行動を徹底分析
2021/12/20 モテ
モテない男性の決定版!モテない男性の性格と行動を徹底分析

「僕はモテない」と感じて、この記事にたどり着いたあなた……。

 

モテない男には、必ず共通した考え方や行動があります。モテる方法を知る前に、まずはモテない原因やモテに対する考え方を見ていきましょう。

 

そこで今回は、「モテない男性の決定版!」と題して、モテない男性の性格や行動を徹底分析いたします。モテない男性からモテる男性に変身できるように、今回の記事を参考にしてみてください。

モテない男性の決定版!モテない男性の性格や行動を徹底分析

 

「自分がモテないのは、顔のせいだ」と考える男性がいますが、それは認識不足の場合が多いでしょう。世の中には、イケメンじゃなくてもモテモテの男性がいます。

 

もちろん、イケメンでスタイルもよい男性は、女性の目を引くでしょう。しかし、女性が求めているのは外見だけではありません。

 

女性は、相手の性格や一緒にいるときのフィーリングも重要視しています。性格や相性が合わなければ、たとえイケメンでも選ばれないのです。

 

あなたの周りにもイケメンじゃないのに彼女が途切れない男性や、イケメンなのに彼女がいない男性はいませんか?それは、モテるために必要なのは顔だけではないことの何よりの証明です。

 

男性は総合評価でモテる

 

女性の中にも「外見よりも内面を重視する」という人がかなり多いです。しかし、多くの男性は「どうせおしゃれなイケメンが好きでしょ?」と疑ってしまいます。まずは、そこのギャップを埋めていく必要があります。

 

女性の判断基準は、外見と内面を比較して、相手を選んでいるという点です。つまり、女性は外見から内面まで想像してそれを判断基準としています。

 

例えば、髪が伸びきって乱れていたり、服にシミが付いていたりする男性を見て、女性は「清潔感がない男性かもしれない」と内面を想像します。

 

外見は内面の一部です。モテるためには、内面だけでなく外見や、そのほかの部分も磨く必要があるのです。

モテない男性の外見3つ

 

それでは、モテない男性の見た目を知りましょう。当てはまっている男性は注意が必要です。

 

モテない男の見た目から、女性が遠ざかってしまう理由を深堀りしていきましょう。

 

清潔感がない

大前提として、女性は「不潔な男性」が苦手です。髪の毛にホコリやフケ、顔に目ヤニやよだれの痕が付いている人は、まず彼氏候補には入らないでしょう。

 

あなたは、髪が脂でテカテカしていて、口臭のきつい女性と親密になりたいと思いますか?多くの人は、不潔な相手とは深く知り合おうとは思わないでしょう。

 

たまたま身だしなみを怠った場合でも、それがあなたの第一印象になってしまい、女性から「不潔な人」というレッテルを貼られてしまいます。モテるためにはまず、清潔感のある見た目を常に心がけましょう。

 

ファッションセンスがダサい

女性はファッション好きが多く、付き合う相手にも相応のファッションセンスを求めることがあります。

 

ファッションがダサかったり、地味すぎたり、逆に個性的すぎたり、似合っていなかったりすると女性から「隣を歩きたくない」と思われてしまう可能性も高くなります。

 

モテる男性を目指すなら、さりげないおしゃれ感のあるファッションを心がけましょう。

 

ただ、あまりにも個性的すぎるファッションや、筋肉のラインを強調するようなファッションは、「ナルシストっぽい」という印象を与えてしまいます。選ぶなら、トレンドを意識したシンプルなファッションにしましょう。

 

香水や体臭など臭いがキツイ

身だしなみとして香水を付けるのはO.K.です。ただし、付けすぎには注意しましょう。自分の体臭を隠すために香水を付けると、いろいろな臭いが混ざって、刺激性のある悪臭となってしまいます。

 

体臭が気になるのなら、体臭予防のスキンクリームやボディーソープ・デオドラントスプレーを使いましょう。そもそも体臭の原因を解決することが大切です。

 

香水は、すれ違いざまにほのかに香るぐらいがちょうどよい付け方です。間違っても、香水を制汗剤代わりにつかわないようにしましょう。

 

また、香りがしつこすぎるなど、女性受けの悪い香水を付けるのもNGです。せっけん系やナチュラルな香水を選びましょう。

 

以上、モテない男性の3つの外見でした。特に清潔感はとても重要です。出会いの場に行くときは、しっかりと鏡を見るなどのセルフチェックをしましょうね。

モテない男の行動3つ

 

次は、モテない男性の行動です。外見だけでなく、行動も重要です。当てはまっていないかをチェックしてみましょう。

 

とにかくしつこい

相手の状況を考えずに、しつこく連絡してくる男性はモテません。確かに、女性は押しに弱い部分があります。しかし、それはちょっとでも「いいな」と感じる相手だからこそ心が揺れるのです。

 

何とも思っていない相手から押されても、正直困るだけでしょう。

 

モテない男性の中には空気が読めず、好きな相手にガンガン攻めてしまうという人も少なくありません。相手と少しでもつながっていたいので、会話を終わらせない場合もあるでしょう。

 

しかし、それは女性をうんざりさせてしまうだけです。女性と仲良くなりたいのなら、相手の様子を見ながら少しずつ距離を縮めていきましょう。

 

ケチでお金に細かい

デートや食事で、女性にぴったり割り勘をしたり、会計でもたついている男性は、女性から敬遠されてしまいます。

 

もちろん、デート費や食費を女性の分まで払えというわけではありません。ただ、相手の手間を考えて、きりがよい金額だけをもらったり、端数分を出してあげたりする器は必要です。

 

そういうお話をすると、「節約もケチって思われるの?」と疑問に思う男性もいます。節約とケチの違いは切り詰められる部分は削って、気持ち良く使うべきときにはしっかりとお金を使える柔軟さがあります。

 

デートなどの楽しいひと時に惜しみなく払えば、ケチと思われることはありません。それだけでなく、短期間で女性の気持ちをつかめるきっかけにもなります。

 

お金を使うときと、節約するときの考え方をしっかりと持ちましょう。

 

食べ方が汚い

食べ方は、その人の育ちや食べ物に対する考え方が表れます。

 

食べ物をくちゃくちゃと噛んだり、お皿の周りに食べ物をボロボロとこぼしたりなど汚い食べ方をすると、女性から「育ちが悪くて下品な人」「食べ物を大切にできない人」と思われてしまうでしょう。

 

生活の中で、食事は非常に重要な役割を持っています。そのため、女性の中には「食事の価値観が合わない人とは付き合えない」という意見がとても多いです。

 

女性から敬遠されないためには、最低限のテーブルマナーを心がけて、きれいな食べ方を心がけましょう。

 

モテない男性の行動はいかがでしたか?

あなたの日頃の振る舞いが、彼女の考え方と大きく異なると、それは恋愛対象として外されてしまいます。テーブルマナーやお金の考え方は、男らしくをモットーに作法を身につけていきましょうね。

 

モテない男の性格3つ

 

「最初は相手にしてくれるのに、時間が経つと自然消滅してしまったり、相手にされない」という場合は、性格に問題がある可能性が高いです。

 

モテない男の性格から、その問題点を知っていきましょう。

 

わがままで自己中心的

女性の気持ちを考えず、自分の意見ばかりを通そうとする人は、やはり嫌われる傾向があります。

 

例えば、女性が気持ちよく話しているときに割り込んで自分の話をしたり、会話に水を差すような発言をしたりする人は、「一緒にいても楽しくない人」と思われてしまうでしょう。

 

また、会話の中で「絶対○○だ」「~なんてありえない」など、自分の意見や価値観を押し付ける人も、相手の反感を買ってしまいます。

 

女性と接するときこそ相手の気持ちを考えて、一緒にいると楽しい気持ちになれるような言動を選びましょう。

 

ネガティブ思考

「どうせ僕なんて……」と自虐したり、「仕事がつまらない」と愚痴ばかり言うのもNGです。ネガティブな発言をする男性は、相手の女性まで暗い気持ちになってしまいます。周りをどんよりとさせる暗い発言は控えた方が無難です。

 

また、女性はポジティブで堂々とした男性を好む傾向があります。自信があって明るい人は、魅力的に映るものです。ネガティブ思考から脱却し、自信を付けるところから始めましょう。

 

優柔不断で決断できない

デートの場所や食事の店などをスマートに決められない男性は、女性をうんざりさせてしまいます。女性の中では「男性にリードしてもらいたい」という意見が多いため、何事もパパッと決められる男性がモテるのです。

 

「お店はどこにする?」「あんまり詳しくないんだよね」とデートのプランを丸投げする男性は、女性から「頼りない人」「自分の意見がないのかな?」と思われてしまいます。

 

デートのプランを決めるときは、あらかじめ場所や店をリサーチして、最低二つぐらいは候補を伝えておきましょう。事前に女性の希望を聞いておくのもおすすめです。

 

今ではネット検索でなんでも調べられるので有効的に活用しましょう。

 

以上、モテない男性の性格でした。無駄に暗かったり、ネガティブな性格だと、明るく楽しい交際がイメージできません。女性が楽しいと感じられる感じの良い男性を目指しましょう。

モテない男の会話3つ

 

モテる、モテないは会話も重要です。会話の中で女性が「この人無理!」と思う男性には、共通した話し方があります。

 

女性と接するときの注意ポイントをしっかりと押さえましょう。

 

上から目線の説教をする

女性と会話をしているときに、見下すような態度をとる男性はモテません。

 

例えば、「○○するなんて、君もまだまだだね」と女性をけなしたり、「○○しないとダメだろ!何をやってるんだよ」と意地悪な上司のように説教すると、女性から「鬱陶しい」と思われてしまいます。

 

モテない男性の中には、自尊心を保つために説教をする人もいますが、それは女性との正しいコミュニケーションとはいえません。

 

会話とは、お互いへの理解を深めるためにするものです。

「誰が上か下か」と考えるのではなく、純粋に会話を楽しみながらお互いの情報を交換しましょう。

 

下ネタが多い

会話の中で下ネタがあまりにも多い男性は、女性から「下品な人」というレッテルを貼られてしまいます。女性でも下ネタに抵抗のない人はいますが、初対面やあまり話したことのない相手に、いきなり下ネタを話すのはやめましょう。

 

女性が下ネタをO.K.とするのは、主に気心の知れた相手だけです。面識のない相手から下ネタを振られても、苦笑するしかありません。

 

その困った笑顔を「楽しんでいる」と勘違いするのが、モテない男です。勘違いしたまま女性を困らせないためにも、女性の前での下ネタは控えましょう。

 

自慢話ばかりする

「自分は○○大学出身」「仕事で周りから頼られている」「〇人の女性に告白された」などの自慢話をする男性も、女性から煙たがられてしまいます。

 

モテない男の中には、「相手に自分の魅力を伝えたい」という気持ちが舞い上がりすぎて、自慢話をしてしまう人もあるでしょう。しかし、人の自慢話を聞いて楽しい人は少ないです。

 

あなたの自慢話を楽しそうに聞いていても、心の中では「この人は自己アピールしたいんだな」と、あなたの魂胆は見透かされています。

 

実は、アピールの仕方がわからないときは、聞き役に徹するのがおすすめです。相手の話をじっくりと聞けるというだけで、アピールポイントになるのです。

 

以上、モテない男性の会話でした。女性の気持ちを度外視して、自分のことばかり話す男性はモテません。女性の気持ちを考えたら、聞きに徹するが正解です。ぜひ試してみてください。

モテない男のLINEやメール3つ

 

LINEやメールでも、モテない男性はいろいろな問題点があります。それでは、モテない男が無意識にやってしまいがちなLINEの注意ポイントを見ていきましょう。

 

やたら長い文面を送ってくる

LINEで長い文面を送るのも、モテない男性によくある傾向です。基本的にLINEは、相手と短い文章のやり取りをして、会話のように続けていくツールです。

 

相手に有無を言わせないような長い文章は、女性にとって重たいメッセージです。執着心も感じますし、何より長い文章を読み解くという手間がかかってしまいます。

 

このような文章は、女性から「読む気が失せる」と思われて、スルーされてしまう可能性が高いです。LINEでやり取りをするときは、相手が読みやすい短めの文章を送りましょう。

 

返信に困る内容を送ってくる

「これ、なんて返せばいいの?」と女性が困ってしまうような内容を送るのも控えましょう。例えば、「今日は○○へ行って、これから○○くんと会ってくるよ」という、まるでSNSのような内容です。

 

なんとも返答がしにくい一方的な内容を送る男性は、女性から「つまらない人」と思われてしまいます。

 

LINEやメールを送るときは、「○○に行ったよ。今度一緒にどうかな?」と会話が広げられるような文章が有効です。

 

返事を催促される

「返事まだ?無視?」などと返信を催促する男性は、かなりの確率で女性から嫌われます。相手には相手の生活があるため、あなたとの連絡をいつも最優先するのは難しいでしょう。

 

たとえ催促しても、相手を「今それどころじゃないのに、勝手な人だな」と不愉快な気持ちにさせるだけで、さらに返信する気をそいでしまいます。

 

女性から返信がないと不安になる気持ちもわかりますが、相手にプレッシャーを与えてしまうと、楽しいコミュニケーションはできません。気持ちに余裕を持って女性からの返信を待ちましょう。

 

相手が忙しそうなら、「返信はいつでも大丈夫だよ」と一言を添えると、より好印象になります。

 

以上、モテない男性のLINEやメールのやりとりでした。モテない男性は、その場にいなくても嫌われてしまうという、なんとも無残な運命をたどります。デートをしてもいないのに嫌われないような工夫をしましょうね。

モテる男性になるための第一歩!

 

実際に、「モテる秘訣」などとインターネットで調べれば、いろいろな情報が溢れていますが、実際にモテるには何を「優先」すれば良いのか? と疑問に思う男性も多いはずです。

 

それでは、モテる男性になるために、意識した方がよい3つのポイントを見ていきましょう。

 

見た目の清潔感

なんといっても、まずは清潔感です。清潔感のない男性に、女性は間違いなく寄り付きません。

 

清潔感を出すためには、まず髪や肌、口臭のケアをしておきましょう。髪は毛穴まで洗い、臭いの原因となる皮脂汚れもしっかり取り除きます。

 

定期的に美容院へ通い、あなたの髪質や骨格に合ったヘアスタイルをオーダーするのがモテる近道です。

 

肌はニキビケアや保湿を心がけ、ヒゲのそり残しにも気を付けましょう。口臭スプレーやガムなどを常に持ち歩いておくと、女性と接近するときも安心です。

 

このように、清潔感のある見た目になるのは難しいことではありません。ちょっとした積み重ねが、あなたの印象をガラリと変えます。諦めずに改善していきましょう。

 

その結果として、自己成長にもつながるのです。

 

思いやりの心を持とう

相手の目線に立って行動できる人は、女性からの信頼も厚いです。

 

例えば、相手からのLINEが来たときに、相手を急かさないようにあえて返信を遅く送ったり、相手が返信に遅れても責めずに「忙しいのにごめんね」と受け入れたりする男性は、女性に好印象を持ってもらえます。

 

また、電車の中でお年寄りや妊婦さんに席を譲ったり、店員にも物腰やわらかな態度で接したりなど、ふとした瞬間にやさしさが垣間見える人もモテる傾向があります。

 

もちろん「モテるために優しくなろう!」というわけではありません。人間的に成長するためにも、普段から思いやりのある行動や話し方を実践してはいかがでしょうか?

 

聞き上手になろう

最後に、とても大切なのは女性の話を聞く力です。

 

「自分から会話をするのが苦手」という人は、聞く側に回るのをおすすめします。その際のポイントは、女性の話に共感することです。

 

女性の話から共感できるポイントを探して「その気持ちわかる!」「ぼくも同じ経験したことあるよ。つらいよね……」と女性に「君の話をちゃんと聞いて理解してるよ」という内容を伝える気持ちが大切です。

 

その際、女性を不快にさせるような批判的な意見は必要ありません。意見に賛同できないときは、「どうしてそう思うの?」と深堀りしてみたり、「その後はどうなったの?」と会話を進めて流したりして、会話を広げてみましょう。

 

女性の話に共感することが、モテる男性になるための第一歩です。

まとめ

 

モテない男性に欠けているのは、女性の目線に立って考えることです。

 

女性が嫌がることだけはしないように、日頃から心がけることが大切です。わからなければ、聞く力を養いましょう。

 

何をしたら女性が喜ぶのか、その点を突き詰めて考えれば答えが見えてきます。

 

女性の気持ちを考えて、モテ男を目指しましょう!

阿部 伸太郎
ラポールアンカー代表・婚活WEBライター・スイーツ評論家
1987年2月8日、大阪府枚方市生まれ。現住所は静岡県静岡市。
山梨学院大学法学部を卒業後、一部上場のIT企業に就職。
恋愛相談が趣味で、恋愛や結婚にまつわる話を数多くうかがう。
恋愛や婚活に悩む人の助けになろうと、ラポールアンカーを起業。
結婚は1回。嫁と娘を溺愛している。
尊敬する人は、祖母、嫁、妹。
スイーツは見ただけで味が分かるという特技がある。

 

コメントを残す

Ranking
    Array ( [0] => 48 ) Array ( [0] => 1 ) Array ( [0] => 11 ) Array ( [0] => 55 ) Array ( [0] => 9 )
  • 美女にモテたい!モテる男になるために必ず実践したい8つの投資とは?
  • Array ( [0] => 48 ) Array ( [0] => 32 ) Array ( [0] => 24 ) Array ( [0] => 32 ) Array ( [0] => 20 ) Array ( [0] => 46 ) Array ( [0] => 55 ) Array ( [0] => 20 ) Array ( [0] => 4 ) Array ( [0] => 9 )
  • モテない女性の決定版!男性が寄り付かない女性の見た目や性格を徹底分析
  • Array ( [0] => 55 ) Array ( [0] => 55 ) Array ( [0] => 58 ) Array ( [0] => 16 ) Array ( [0] => 10 ) Array ( [0] => 10 ) Array ( [0] => 40 ) Array ( [0] => 20 ) Array ( [0] => 58 ) Array ( [0] => 19 ) Array ( [0] => 58 ) Array ( [0] => 4 ) Array ( [0] => 10 ) Array ( [0] => 40 ) Array ( [0] => 58 ) Array ( [0] => 20 ) Array ( [0] => 6 ) Array ( [0] => 1 ) Array ( [0] => 1 ) Array ( [0] => 48 ) Array ( [0] => 11 ) Array ( [0] => 58 ) Array ( [0] => 10 ) Array ( [0] => 57 ) Array ( [0] => 58 ) Array ( [0] => 58 ) Array ( [0] => 53 ) Array ( [0] => 10 ) Array ( [0] => 1 ) Array ( [0] => 58 ) Array ( [0] => 10 ) Array ( [0] => 48 ) Array ( [0] => 53 ) Array ( [0] => 20 ) Array ( [0] => 53 ) Array ( [0] => 55 ) Array ( [0] => 1 ) Array ( [0] => 20 ) Array ( [0] => 58 ) Array ( [0] => 31 )
New
Copyright © RAPPORT ANCHOR All Rights Reserved.